CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • インタビュー受けました。
    文 (08/21)
  • インタビュー受けました。
    makiko (08/18)
  • 正しさよりも
    文 (08/06)
  • 正しさよりも
    つむぎ (08/04)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/22)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/21)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/18)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/17)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    文 (05/22)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    makiko (05/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS


low/raw+slow/throw
<< sugar‐coated walnuts −くるみの砂糖がらめ | main | 低血糖症のために・1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
自分を虐待する私たち

 
 自分を好きになるってどういうことだろうと、ここのところずっとずっと考え続けています。
 
 
 以前はそんなこと考えもしなかった。というより、出来る気がしなかった。そんな日は絶対に来ないだろうと思っていた。想像さえできなかった。この世で自分が一番嫌いだったし、許せなかったから。
 嫌なことが起きたりなにか失敗したときには、自分が至らないせいだと思った。自分の不完全さにふさわしいものごとがやってくるのだと。
 あたたかいことや良いことを見かけると嬉しかったけれど、その対象が自分だと不安になった。いつか何かの拍子に、自分には分不相応だということが露呈して、取り上げられてしまうのではないかって。だってそれは誰か他の、受け取るに相応しいきれいでやさしくてりっぱな人々のところにいくべきなのだから。
 いちばん最初はいろんな人のことを妬んでいた。嫌いになった。自分にないものを持っていて眩しかったから。はじめから自分より条件のいいところにいて、なんでも楽に手にしているように見えたから。
 あるときそれに気がついてうんざりして、自分から悪意をそぎ落とそうと努力するようになった。少しずつ向き合うことで敵意は薄らいでいったけれど、自分への否定だけはいつまでも残っていた。周囲を眩しく思えば思うほど、自分の足りなさがよく見えた。
 
 だから、せめて人に迷惑をかけないように。
 誰の負担にもならないように。
 ほんの少しでも善い存在でいられるように。
 息を詰めて、身体を縮こまらせて、耳を澄ませて、張り詰めるように暮らしていた。
 でも自分があまりにも不完全で至らないせいで、なんの能力もないせいで、美しくもなければ賢くもないせいで、思いやりが足りないせいで、気が利かないせいで、つまらない性格のせいで。体力がない、声が小さい、世間話が出来ない、特技がない、ものを知らない、未成熟、……
 自分が足りないせいで、なにかを台無しにしてしまうのだと、信じていた。
 他人の至らなさも不足も全部やさしいものに見えるようになったのに、自分の欠けている部分だけはずっと許せなかった。
 世界から弾かれていて、それで当然なのだと思っていた。その内側に参加する資格なんか生まれつき持ってなかったんだって。
 ずっと長いこと。
 16の頃からつい最近まで。
 一番いいにおいがしただろう、きらめきに溢れていてもおかしくなかった10年の間ずっと。
 

 
 誰かに優しくありたいのに、自分にだけやさしくできない。
 そのことの矛盾に気がついたのは本当につい最近のこと。
 だって私たちは、自分を誰かに投影し続けて生きている。自分の内側にないものは外側にも見出せない。だから自分の中に少しでも悪意があれば、それは必ず誰かに投影されてしまう。自分を裁いていれば、必ず同じ尺度で、強度で、誰かを裁くことになる。
 普段はそうせずにいられるかもしれない。でもきっと、一番距離の近い家族や恋人をそうやって扱うようになる。これはもう法則みたいなものだ。自分は自分の価値観から絶対に抜け出せない。それが今までさんざん自分を変えようともがく中で見つけてきたこと。
 だからあれだけ悪意を手放そうと、否定したり隠そうとしたりして、でもそれだとうまくいかないって知って見つめたりほどいたりすることを懸命にやってきたのに、自分に向かうものだけは構わないんだって誤解していた。私は私を責めつづけていなければ駄目になってしまうんだって。
 
 でも私は、自分を否定し続けたまま生きられるほど強くもなくて。
 その埋め合わせのように、誰かの肯定が欲しかった。強くて確かな肯定。過剰なくらいの関心やふれあい、それから賞賛。求められなければ自分の価値を見出せない。だから必要以上にいい子でいようと必死になったりする。あるいは何者かにならなければと焦る。誰からも後ろ指差されないような人間にならなければ。ときどき、足元が崩れ落ちていくくらい不安定によるべなく寂しくなってしまう。
 けれど欲しがってばかりだと、なぜかそれは相手に伝わってしまう。健全に自立した人々は去っていくし、同じように求められることで自分の価値を支えたい依存的な人だけが寄ってくる。
 違うな、って思っていた。こういうのが欲しいわけじゃないのに。
 でもずっとずっとその循環から抜け出せなかった。本当に長い間。
 
 
 虐待され続ければ人は歪む。
 そのことを、私たちは当然のこととして知っている。
 でもなぜか人は、自分に対する虐待だけはたやすく看過する。
 ひどい言葉を投げかけ続ける、何をしてもどう振舞っても否定する、こんな風に感じるなんて甘えだ・間違いだと責め、身体を台無しにするように扱う。自分だけはどれだけ苛めても構わない、それが当然なんだって思っていたりする。虐待し続けながら、成長しろと追い詰める。
 どうしてだろう。成長するには健やかな愛情が一番だって知っているはずなのに。
 そしてたとえ他の誰が見向きしなくたって、自分のためにそれを選択することはいつだって、誰にだって許されたことのはずなのに。
 
 
 最後には自分で自分を認めるしかないとか、自分に与えることが大事なんだとか、そういう言葉を実際に「ありうること」として捉え始めたのは本当に最近のこと。ずっとそれは恵まれた人々の心無い言葉としてしか捉えられなかった。なんの障害もなく簡単にそうできる環境に身を置いた人間が、気軽に口にするありふれたコピーのような。
 でももしかしたら、今まで色んなことを変えてきたみたいにそれが出来るのかもしれない。膨大な時間と努力が必要だとしても実現するかもしれない。少しずつ、そう思い始めた。今までそう想像するのも、その可能性をほんのわずかでも認めることさえあんまりにも怖かったのだ。
 どうしてそれが怖かったのかな。わからない。
 そのくらい自分が嫌いだったし、それをひっくり返すのは無理なような気がしていた。そのことを考えるといつも、なんのとっかかりもなく手のつけようのない、果てしなく高い壁を仰いでいるみたいな気分になった。
 でももし、なんの条件もなく、容姿や性格や行動や、自分に属するあらゆるものに関係なく自分を認めることができるなら、そういう世界が存在するとしたら。
 せめてそれを仮定するだけの勇気をかき集められたなら。
  
 この一年ほど、たくさんのことがあって、私はそれに取り組まざるを得なくなった。
 ずっとずっと置き去りにしてきたこと。
 でも、どうしてもやらなくてはならないこと。
 だって、わたしがわたしを大切にしていなければ、わたしは本当の意味で誰かにやさしく出来ないから。
 自分を認められない限り、誰かに肯定されることでしか自分を支えられない。誰かの評価に依存する。それはきっと誰かのパワーを奪うことだ。そしてきっと、優しくされたいから優しくするなんて取引を始めてしまう。
 このままの私では、本当の意味で誰かを愛することもできない。
 だから変わろうと思ったのだ。
 きっと一番果てでは自分のため。
 でもはじめから自分のためだなんて思っていたら踏み出せないから、わたし以外のほかの人々のためなんだって、都合のよい理由を掲げながら。
 
 
 一番よいものを受け取る準備をととのえようとしています。
 誰かから奪うためではなくて、本当に与えられるようになるために。
 もちろん具体的な方法から、行動から、変えていくことが必要です。
 でもまずは意識の改革から。
 それだけの記録だけど、なんとなく、ごくわずかでもいいから誰かとわかちあえたらいいなと思って書いてみたのです。
 
 いつかあらゆる人に、生きているだけで十分なんだって、本気の言葉で伝えられるようになるために。
 

| こころのこと | 23:30 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト

| - | 23:30 | - | - | pookmark |
私もずっと若いころ、吐き出しきれないドロドロした想いは、日記に書いていました。そして、時々読み返したり・・・書ききれないぐらい、いろんな人生経験をさせられているうち、日記も書かなくなり、読み返すこともなくなり、とうとう捨ててしまった・・・そんな日が来るなんて。
日記は無くなったけど、あの時のいろんな思いは、今でもすぐにトリップ出来るから不思議。良く覚えてられるね。と周りに言われます。覚えてるんだなあこれが・・・書きながら心を整理出来るなら、良いよね。ひさしぶりに、ここへきて、思ったままを書きこみました。失礼だったらごめんね。
| まいちゃん | 2012/06/17 8:15 PM |
>まいちゃんさん
こちらこそ、ずいぶんお返事が遅れました。
私も随分書いて、書いて、薄れたような気もするのですが、時々まだ顔を出したりして、それに優しくしている最中であります。片付いたと思っていたものが実は片付いていなくてもう少し奥があったり。でもそういう作業は昔よりずっとゆったりできるようになっていたりします。
先々で思い出すとき、今の色々がもっと優しく見えているんだろうな。そういうのも素敵ですね。
| 文 | 2012/07/03 10:19 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/01/17 8:30 PM |
ここ1年よく分からない不調が続き、最近低血糖症と診断され、仕事もいったん辞め、これからどうしていこうか悩んでいる日々です。
よく「自分を認めること(が大事)なんだよ」という台詞をドラマなんかで聞くたび、それができたら苦労しないよと思っていました。でもブログ主さんの「自分を認められない限り、誰かに肯定されることでしか自分を支えられない。誰かの評価に依存する。それはきっと誰かのパワーを奪うことだ。そしてきっと、優しくされたいから優しくするなんて取引を始めてしまう。」という一節が心に沁みて、ああそうかだから大事なんだと腑に落ちました。今までは、大事である意味、理由が分かっていなかったんだと思います。分かれば、続けていける気がします(時間はかかりそうですが…)。ありがとうございます。
| つむぎ | 2014/03/15 2:08 AM |
コメントに気がつくのが随分遅れましたが、ありがとうございました。
いつもわかってもらおうと思わずに書くので、わかってもらえると不思議な気分になりますが、とても嬉しいです。
今はどんな風にお過ごしか分かりませんが、どうぞご自愛ください。

>承認待ちコメントについて
メールアドレスが含まれていたため、公開は差し控えました。
同じく、ありがとうございます。
| 文 | 2014/04/30 3:02 PM |
読んでて涙が出てきました。
まったく100%おなじです。今の私。こんなに同じように思っている人がいるのが何だか救いのような、私がどうしようもない人間だ、ってわけじゃないのかも?ってなんか救われたというか、涙が出てきました(二度目)。
私が変でつまらなくておもしろくなくてしょうもない人間だから、私が気が利かないから、努力してないから、仕事ができないから、体力がなくて頑張れないから、うまく世間話や雑談ができなくて相手をがっかりさせてしまうから、
だから人とちゃんとした関係が築けなくて、浅くて表面上のすぐ切れる人間関係しか築けないんだと。一人が楽♪とか思ってみるけど、やっぱり少しさみしくて。友達がいない自分がまた恥ずかしくて。と言いつつも、相手の時間を無駄にするのが申し訳なくて、なるべく人と接したり会話したりしないようにしていました。話し掛けられても、やばい!ボロが出る!と焦り、相手の気を害さないようににこにこと、慌てて話を切り上げて笑顔で去っていく感じ…なんじゃそりゃ…ですよね。
まわりにいる、明るく輝いていてみんなに好かれている人に対して妬みを持ち、悪い所を探そうとしてしまったり。そんなことする自分嫌なのに。
まわりの評価や態度、顔色で自分の価値をいつもはかっていました。
まわりからの「自分を大切に…」などのアドバイスにも、何マニュアル的なこと言ってるの、どっからぱくっきたの、みたいにひねくれて素直に受け入れられなかったり。
これって自分虐待なんですね。私は自分に甘いから甘やかし過ぎてるくらいに思っていました。虐待してたとは。
自分を認めて大切に愛してあげられるように、意識してみます。
本当に、一言一句にすべてにそうそうそう、と共感できて、私だけじゃなかったんだって、とってもほっとしました。本当にありがとうございます。嬉しかったです。時々読み返します。
| 砂糖中毒(・_・;チョコレートのことで頭がいっぱい | 2014/08/11 8:40 PM |
コメントをありがとうございます。
自分が大嫌いすぎて人ともまともに関われなかった私ですが、今は自分のことがけっこう好きだし、その方がいいことたくさんあるんだなぁと素直に思っています。呼吸も楽だし、ストレスが減ると身体も元気になるし。
いろいろな状況の中でさまざまな事情があるとは思うのですが、困っている人たちも、少しずつ自分を好きになる勇気が持てればいいな、と思います。
| 文 | 2014/08/21 5:14 PM |
とても心に染みる記事を拝見させて頂きました。

31年も続けてしまった自分の愚かな行動をやっと認識できて、解決するぞという決意を持つことができました。

ものすごく怖かった自分という存在を今度は守っていこうと思います。


ありがとうございます。

| 紅葉 | 2014/11/23 1:43 AM |
>紅葉さん
どうして自分を害するほど自分を嫌ってしまうのかわかりませんが、それでも原因がなんであれ、自分で自分を好きになろう、大切にしようという意志さえあれば、人はもっともっと楽に幸せになれるんだな…と最近は思っています。
焦らずゆっくり、ちょっとずつでも楽になられますように。
| 文 | 2014/12/02 10:27 PM |









http://slowaltitude.jugem.jp/trackback/42