CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • インタビュー受けました。
    文 (08/21)
  • インタビュー受けました。
    makiko (08/18)
  • 正しさよりも
    文 (08/06)
  • 正しさよりも
    つむぎ (08/04)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/22)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/21)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/18)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/17)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    文 (05/22)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    makiko (05/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS


low/raw+slow/throw
<< 低血糖症のために・1 | main | 少しずつ再開。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
夢のような生活

  
 
 ふと、夢のような生活なんだな、と思いました。
 仕事が終わってからのんびりおやつを食べながら勉強をしていて、しみじみと楽しいなぁと思ったときに。
 時刻は19時過ぎでした。周囲には楽しそうにお喋りをしている若い子たちが居て、暖房の入った部屋は暖かく、私は一人で座っていたけれど寂しくはなくて。
 朝10時から夕方5時まで、6時間ほどのデスクワークの仕事だし、さほど家事をしているわけでもないし、そのあと2〜3時間勉強をするのなんて世間的には大してすごくもない普通のことなのですが、仕事だけでも疲れきって精一杯だった頃から考えればなんだか奇跡のような気がします。
 職場で楽しく仕事ができて、色んな素敵な人に囲まれていること。お昼休みは楽しい話をしながらたくさん笑えること。仕事が終わってもまだ勉強するだけの元気があって、一週間それを続けられる体力があること。そうしても倒れて寝込んでしまわないこと。もちろん時々は体調を崩すことがあったとしても、大抵は土日も普通に過ごせること。
 帰ってからは家族と仲良くとりとめのない話をしながらおいしいご飯を食べて、犬をなでなでして、少し家事を手伝ったり筋トレをしてみたりして、夜はゆっくりと過ごして好きな人と電話をしてから眠る。
 そして朝、日によって起き辛かったりもするけれど、きちんと目覚められること。身体中が痛かったり微熱があったりどうしようもない倦怠感で動けなかったりしないこと。気持ちが沈みこんで少しも気力が出ない、憂鬱でたまらなくてどうしてもやる気が出ない、なんてならないこと。
 人の中を一人で歩いていても怖くないこと。自分が嫌いではないこと。時々自信をなくしたり辛くなったりしても、少し経てば大丈夫だと思えること。四六時中自分がここにいてはいけない存在だと思わなくてもいいこと。誰かの時間を奪ったり迷惑をかけているのだといちいち考えてうつむかずにいられること。自分がもっと完全だったらなんて思わないこと。少しずついろんなことをわかるようになりたいと思うし、なれるだろうと思えるようになったこと。
 ずっと昔にたった一人で震えながら「こうだったらいいのに、でも自分にそんなものがふさわしいわけがない」と思っていたことが、全部気がついたら当たり前のことになっていたんだな、と思ったのです。
 

 17歳で慢性疲労症候群を発症してから、たくさんのことを考えてきました。
 心のこと、それと深く関わっているらしい身体のこと、それを作っている食べもののこと。
 そしてあらゆる面で自分をほどいていきました。
 数え切れないくらいの思い込み、傲慢さ、自己否定、無価値感、両親との関係、男性への偏見、性的なものへの激しい嫌悪。
 そしてなにをどう食べるか、どんな生活をするか。どう思考してどう身体を動かして筋肉を作り骨格を整えていくか、内臓の機能を正しくしていくか。脳の使い方。心の使い方。本を通してたくさんの例を集めて、少しずつ現実に取り込み実践して、フィードバックを受けて調整・改善しながら手探りで。
 自分がどうあるべきなのか。どうありたいのか。
 それを真剣に考え続けなければどうしようもなかったのです。常に頭痛がして身体中が痛くてきしんで、少し動けば微熱が出てしまうような身体。ストレスに弱く不安定で、すぐに気鬱で動けなくなって家でじっと寝ているような閉じこもった生活。いつでも周囲に不快に思われているんじゃないかと怖くてぎゅっと縮こまって、なにか少しでも失敗すれば足元が崩れていくような気持ちになる不安定な心。
「普通の生活」というものがどうしようもなく重荷で、そしてそれをこなせない自分が死ぬほど嫌いでした。
 どこかを境に間違った噛み合わせになり、それが積み重なっていき大きく歪んだものが私の中にはあって、ひとつずつほどいていくしかないんだと思っていました。そうすれば自分を変えることが出来るのだと。周囲から見て自分がどれだけくだらないことに心を注いでいるとしても、自分にしかわからない自分の発掘作業をしていくしかないんだと。
 でもときどき、それは無意味で見当外れなことなのだとしか思えないこともありました。達成を感じる瞬間よりも、ただ無益に時間を浪費していくだけの言い訳がましい取り組みにすぎないのだと自分を責めることの方が遥かに多かったのです。私は社会的にゼロでなんの成果もなく、美しくもなく人にも好かれないし、一人ぼっちでみっともない存在でしかなかったから。
 そう自分で思っていたから。
 
 そしてあるとき、心の構造を全部壊してしまうようなことが起こりました。
 それはとても個人的でありふれていて、けれどなんとかしがみつくように作り上げたささやかな生活や感情のシステムが一気に吹っ飛んでしまうようなものごとでした。
 起きている時間はとにかくずっと泣いていました。朝起きてすぐ、お昼休みに散歩しながら、夕方に勉強しながら、夜の帰り道で、お風呂の中で、お風呂上りに、寝る前に布団の中で。
 自分を否定して罵倒する声が頭の中で響き続けていて、仕事中も時々たまらなくなってトイレに立って泣きました。夜は全然眠れず二時間で目が覚めて、真っ暗な部屋で朝が来るまでずっと泣いていました。
 身体もまた、精神に呼応するようにひどくなっていきました。顔の皮膚はぼろぼろで汚くなり(元々きれいなほうではなかったけれど更に)、歯茎は腐ったように腫れて嫌なにおいがするようになりました。身体の皮膚もあちこちが爛れるようにかぶれて小さなしみが出来ていました。長い髪はばさばさになってつやがなくなり、どれだけ手入れをしても戻りませんでした。
 あらゆるものがどんどん悪くなっていく中で、もうどうやっても自分のことを好きになれるはずなんてないと思いました。そしてこんな自分が誰かに受け入れられることなんか絶対にあるはずがないと。
 どれだけ頑張ったって何も変わっていないし、変えられない。今までしてきたことなんて完全に無意味だったんだ。こんなにこんなにがんばってきたのにどうしてなにひとつ報われなかったんだろう。私はただごく普通の存在になりたいだけなのに、どうしてそれさえ叶えられないんだろう?
 これ以上の重荷に耐えられないと思ったし、この先このまま何十年も生きていくなんて考えただけで途方もなくて、背筋が寒くなりました。どう死ねば家族に迷惑がかからず悲しませずに済むのかばかりを考え続けていました。
 深く、深く傷つきすぎていて、もうこれ以上耐え切れないように思えたのです。
 
 でも結局、私は今も生きています。
 
 一年ほどかけて、ずっと考えていました。職場と家を往復する最低限の生活で、長い髪もばっさりと切って化粧もやめて身づくろいにも構わず、外に出るのが怖かったから休日も出かけず本ばかり読み漁って、日々を何とかつないでいました。朝も夜も不安で泣きながら、どう転んでも惨めにしか思えない人生をこのまま生き抜くべきなのかどうかを、ずっとずっと考えていました。誰とも連絡を取らず、友人の結婚式の誘いにも返事さえ出さず、ほとんど人と喋ることもなく、海の底にいるような日々だったし、浮き上がる可能性のことも想像できないほど静かな日々でした。
 でもある日、本当にふと、お風呂場でぼんやりと思ったのです。
 どうして私はこんなに小さなことで自分を責め続けているのだろう。
 こんなに些細な、見た目だとか社会的価値だとかそんなことで、自分のことを責めて責めて生きる価値がないと決めつけて苛め抜いてぼろぼろにしているのだろう。
 私が私の思考の範囲で私を否定する権利はあるのだろうか?
 そして、否定しながら「うまく生きられない」のは当然なんじゃないだろうか。
 私はずっと「誰のことも否定しない人になりたい」と思って心をきれいにしようと努力してきたけれど、他でもない自分のことだけは四六時中、いついかなるときでも、否定し続けてきたんじゃないだろうか。
 他の誰かに対してはいつでもいいところを見つけようとして、欠点があっても失敗しても間違えても悪意がなければきっと大丈夫だと思えるように心の癖をつけてきたのに、それを自分に適用することは全くなかった。
 いつでも足りないところばかり探して、少しのことが出来ても「でも完璧じゃない」と粗探ししては責めて、四六時中自分を醜いと批判して恥ずかしがって。それも誰か他人がやるよりも遥かに容赦なく、執拗に、絶え間なく、自分を虐待し続けてきた。
 私はそんな環境でも成長できるほど強い人間でいなくてはならないのだろうか?
 もしかしてもっと別のやり方があるのかもしれない。こんなに惨めな気持ちで、傷つき追い詰められて毎日震えながら過ごすのではなくて、他の人々のようにリラックスして自分を責めることなく生きていけるなにかもっとふさわしいやり方が。
 けれどもしそんなものが存在したとして、一体どうすればいいのか。
 
「自分を好きになること」が答えなのだと、既に知っていました。
 でもそれは途方もない壁でした。本当に。
 自分を許せるはずなんてないと思っていました。もうずっと、自分が世界で一番醜くて情けなくて惨めでどうしようもない生き物だと考えることに慣れきっていたから。
 けれど私は今まで自分を変えてきた。本当に少しずつだったけれど、傲慢で不満ばかりの心から、周囲の人々のいいところを見つけて、生活のなにげない美しさに気づいて、世界のささやかな善さに目を向けて、そうやって生きていけるように変えてきた。
 じゃあ自分に関しても努力してみなければ本当のことは何もわからない。
 なにをどうすればいいのか想像もつかなかったし、できるとは到底思えなかった、むしろそんな思考が自分に許されるともまるで思えなかった。
 それでもたくさん疑いながら、ひと握りの予感だけを頼りにして、もうちょっとだけ身体を引きずってここに留まっていようと決めたのです。心に僅かに残された勇気を(大げさではなく本当に大きな勇気を)全力で振り絞って。
 
 自分自身に優しい言葉をかけることから始めました。それを徹底的に習慣づけようと思いました。意識のパターンを変えるには行動を変えていくしかないから。
 一番最初にお風呂の中で自分にやさしい声をかけたとき、私はぼろぼろと泣きました。
 かわいいね、いいこだね、がんばってるね、そのままでいいよ、大丈夫だよ。
 この世の誰も他には言ってくれないとしても、私だけは自分に言い聞かせ続けていこうと決めたのから、毎日毎日繰り返しました。そしてそのたびに静かに泣きました。情けなくて惨めな気がして、でもそれを自分が求めているのだと痛烈に実感して。みっともない生き物だと誰かに笑われるんじゃないかと不安な気持ちに襲われるたび、自分を慰めて励ますように心がけました。自分が自分の敵にならないように。
 
 最初の一年は本当に必死で、何度も何度も浮き沈みを繰り返して、でも段々底が浅くなっていって、少しずつ楽に浮上できるようになって、いつの間にかそれが当たり前になって。
 私を責め続けていた声がいつの間にか途切れ、ごく小さな声になっていき、人と会話するにも構えずにいられるようになって。
 
 今は生きることがずいぶんと楽です。
 世の中の楽しそうに暮らす人々は、こんなに軽やかな空気の中で生きていたんだなと驚いています。それは身体にも心にもこちらの方がいいに決まっているな、と。
 私の何が変わったわけでもないのに。ただ自分が自分を否定しなくなっただけなのに。
 私が私を否定していないほうが、周囲の人は私を好ましく思ってくれるみたいです。
 私が私をいつも「失礼のないようにしなくちゃ、がんばらなくちゃ」と思って居ないほうが、周囲の人は心地よく私と関われるみたいです。
 私が私を責めていないと、余計なストレスがかからないせいか心身の調子がいいです。視野も広くなったからか、色んな考え方に触れて生活が柔軟に変化していき、今がここ十年で一番元気です。苦もなく痩せたし体力もつきました。肌や髪も随分戻りました。
 私が私を許していると、私のことを好きだという人といても居心地が悪くないみたいです。周りと自分を比べる必要もないから、素直に幸せになれるみたいです。
 私は私を好きになって、少しだけ成長したのだと思います。自分だけの狭い世界から、人の中に少しずつ歩み寄っている気がします。私が私に囚われているあいだは見えないものが多く考える範囲も狭かったのだと気づきました。
 とても幼かったのだと思います。
 それでも随分と遅蒔きながら、これから少しずつまた成長できるかもしれません。未知数です。新しい場所のことは自信を持って言えません。くよくよもするし、また人のせいにしたりして自分が痛い目を見てようやく気づいてぐだぐだしながら方向転換するんだろうと思います。
 でもきっと、大きなところから見ればそれは素敵な変化だという気がするのです。
 
 
 もし、身体や心の問題に深く悩んでいる人がいるとして。
 私に必要だった鍵と、その誰かの必要な鍵は違うものなのかもしれません。それはさまざまなタイミングや縁で運ばれてくるものだから。
 私は長い時間と努力を重ねて、食生活や生活そのものを変えてきました。たくさんの知識を吸収して(それはもうマニアックに)試行錯誤を繰り返してきました。普通の生活をする人から見ればきっと不思議なくらいの生活です。私は家族に泣きながら「私は生活するだけでも普通の人の100倍気を遣って努力してる!」と怒ったことがあるけれど(八つ当たりですね)、そういう大変さや必死さはあるいは他人にはちょっと想像できないのではないかと思います。
 けれどそうまでしても、それはなぜかうまく機能していなかった。同じような方法で不調を改善していく人が多く居る中で、私はなかなかいい結果を受け取ることができなかった。
 今ならその理由が分かります。
 それはたぶん、方法論のせいだけではないのです。
 かつて私は私を「足りないもの」として扱うことが出発点だったから。
 駄目な私、至らない私、足りない私、不完全な私をどうにかしたくて必死だったから。
 でもそのサイクルのたどりつくところは、なぜか不完全な場所なのです。「不完全ではない私」を目指すとどこまでいっても満たされないのです。最初の前提が不足から始まって、それを変えたいと願っている限りは、その不足はかたちを変えて存在し続けるみたいです。「足りない私が補われていく」のではなくて、「本来完全な私が少しずつよくなっていく」。ただつまずいているのを助けるだけなのだと、あるとき気がつきました。
 私は今でも本当は健康だったんだ。たとえ世間の人々と比べて弱い部分があったとしても、うまく機能しない内臓があったとしても。だって私は生きているし、存在しているし、呼吸しているし、低血糖を起こしたって化学物質にアレルギーを起こしたってとにかく生き延びていて、その生命を否定したり嘆いたりする権利は私にはない。きっと。それは私の意図しないところで動かされているものだから。生命力を否定することはできないから。その強い力を貶めることはできないから。あらゆるものは肯定の上に成り立っていて、それが世界の成り立ちだから。
 その美しさを、私は知っているから。
 
 
 あなたにとっての「鍵」を私が代わりに見つけて、そのまま差し出すことはできません。
 でも自分を否定しないことの強さと優しさを、知ってほしいなと思うときがあるのです。
 自分を肯定し続けるだけで、世界が確かに変わるということを。
 私たちは完全なものを持っていないように見えたとしても、完全で居られるのだということを。そしてその気持ちを土壌として、心と身体が育っていく幸せを。
 
 
 
 
 
 

| こころのこと | 23:54 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト

| - | 23:54 | - | - | pookmark |
始めまして、こんばんは。
腹持ちが悪く、仕事や私生活に少なからず支障が出てきたので原因を探していたら、このサイトへ辿り着きました。
低血糖症について、とても参考になりましたし、色々と試してみようと思います。ありがとうございます。
このページを読んで私自身、人生に迷走気味で
自己愛が足りないのだろうなぁと考えさせられました。私なりに至らない自分を克服するために、何冊か本を読んだりしましたが、まだまだ人の評価を気にし過ぎているし、妬む気持ちが強いです。生きにくいなぁと思うことも多く、死んでも何も解決しないし、面白くない世の中を面白く生きなくてはならないと思って生きてきました。
私もいつか、夢のような生活を送れるようになりたいです。
貴重な意見と情報をありがとうございました。
| さと | 2013/08/17 10:34 PM |
こんにちは。以前、少しだけお話させていただいた者です。 
私も慢性疲労症候群で、ちょうど九年たちました。ぴりこさん(お名前あってますか?)とおんなじように食生活やらいろんな事をためして、でも何故かみんなには効果あるのに私には……! 笑 マクロビも、糖質制限も、たいして効果がなく、どうしたもんかなーって、思っています。  

自分ではそんなに自分のこと否定していないつもりだったけど、どこかで責めてるのかな?  
 
食事を感謝して楽しく食べたり、いろんな事に幸せを感じるって、大事ですよね。 

けどもうちーっと楽になりたいなあ(^^;)
| emi | 2013/10/11 7:49 PM |
長い間ブログに関わるだけの余裕がなく、拝見するのがずいぶん遅れました。お二方、ありがとうございました。
わたしの意見はほんとうに自分の体験からのごく主観的な、限られたものでしかありませんが、心・身体を問わず不調を抱える方々の参考になることがあれば嬉しいなと思います。
どうぞご自愛ください。
| 文 | 2014/04/30 3:04 PM |









http://slowaltitude.jugem.jp/trackback/46