CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • インタビュー受けました。
    文 (08/21)
  • インタビュー受けました。
    makiko (08/18)
  • 正しさよりも
    文 (08/06)
  • 正しさよりも
    つむぎ (08/04)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/22)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/21)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    文 (06/18)
  • 血糖値を意識して:その後の体調の変化
    くらら (06/17)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    文 (05/22)
  • 最近の体調から:血糖値を意識して食べるのはやっぱり重要みたい
    makiko (05/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
twitter
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS


low/raw+slow/throw
<< 夢のような生活 | main | ベジタリアンをやめた理由。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
少しずつ再開。

 ありがたいことに、元気です。
 ブログを離れている間に、なんと結婚して東京に転居しました。
 初めて尽くしの生活でいろいろと適応するのに小さなトラブルはありましたが、無事に少しずつ慣れて、今はのんびり暮らしています。
 人と比べて特別なことをしているわけでもパワフルなわけでもないですが、ごく普通に家事をして(夫には「そんなに毎日掃除しなくてもいいよ」と言われつつ)、観葉植物をあちこちに飾ったり毎日窓を開けて風を通したり、そんな生活をしています。
 体力がなく寝てばかり、それ以前に料理も掃除もできないどころかやる気もなく、部屋はいつも荒れ果て物を足でかきわけては踏みながら歩くしかなくて「私のような人間が結婚できるわけない」と思っていた10年前の私に今の生活を教えてあげたらびっくりするでしょう。
 いや、3年前でも「えっ!?」って言ってるはず。

 親元を離れて夫と二人暮らしを始め、日々の食卓やお弁当を通して「何をどう食べるのか」をコントロールする立場になって。 体質のまったく違う夫と私が、お互いに心地よく暮らしていくために何を食べるのか、そしてどううまく力を抜いて楽に、楽しく健康に暮らすのか、日々(ほんとうに!)手探りをしています。
 このブログを書き始めた頃に比べて、体調も、食事の仕方やバランスも大きく変わりました。
 どれだけ読んでいる方がいるかはわかりませんが、また少しずつ情報を共有していければと思っています。
 以下、これまでのまとめ的な略歴を。

***体調・食事の略歴
 17歳で慢性疲労症候群(CFS)と診断される。24時間続く微熱、筋肉痛、関節痛などで一時期はお箸を持つのさえ重いほど。重度の欝も併発。自然療法をあれこれと試すうちにマクロビオティックにたどりつき、かなり改善される。性格的にも穏やかに落ち着き、ADHDでは?と言われていたほどの片付けられなさ、混乱がおさまり、本人も随分と楽になる。大学病院では1年ほど休学しては…と勧められたものの母親の車の送迎つきでなんとか高校に通いきり、その勢いでなぜか大学にもストレート合格。
 20歳頃、自分が「低血糖症なのだ」とはっきり自覚をするものの、どのような対処をすればいいのかわからず、あれこれと食事法を試す。食べ方やバランスを工夫しつつ少しずつ改善はしていたが、気鬱やときおりだるくて寝ているしかない時期も続く。
 22歳、大学を卒業するものの就活をする体力もなく、アルバイトをしながらマクロビオティックの勉強。いろいろと深く学び、資格なんかもとる。鍼灸やホメオパシーなども積極的に取り入れていた頃。週に3〜4日程度働く。
 24歳、パートタイムではあるが週5の仕事を始める。土日はずっと寝ているほど疲れていたが、職場が新築の建物のため化学物質でアレルギーを発症していたのだとわかり、炭入りのマスクをつけることでなんとか通えるようになる。けれど月3〜4日は発熱などで欠勤。自分のノルマをこなしていればあまり問題なかったのと、本当に人に恵まれた職場のおかげでなんとか継続。
 27歳夏、糖質制限をかなりストイックにとりいれて、家族や職場の人々から驚かれるほど体力が向上。繁忙期の残業もこなせるほどに。抵抗力がついたためか化学物質対策のマスクも外せるようになった。疲れるといつも精神的に落ち込み追い詰められた気分になっていたのが平気になり、それが「普通の状態」ではなかったこと、「周囲の普通の人々はこんなに安定した精神状態で暮らしていたのか」と気がついて驚く。その後クリニックにかかり、数ヶ月鉄剤なども飲み、栄養療法にも少し取り組む。(しかしこれは宙ぶらりんなまま…)

 28歳で結婚、退職、転居。周囲も自分も一生無理だと思っていた親元からの独立。とはいえ、今のところ専業主婦なので、働き出したらどうなるのかは未知。 現在は動物性蛋白の摂取量が減ってきて穀物も少しずつ食べ始め、バランスを探りながら低血糖症とうまくつきあっています。
| 日々のうたかた | 15:24 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト

| - | 15:24 | - | - | pookmark |
おめでとうございます!
ちょうど2,3日前に、
そういえば最近更新がないけれど
どうしてらっしゃるかなと思っていました。
「夢のような生活」の生地がとても心に響き、
涙を流しながら読んだことを今でも思い出します。
お幸せに\(^o^)/
| rica | 2014/04/24 9:43 AM |
お久しぶりです。
そしてご結婚おめでとう♪♪

どうしてるかな〜と時々思っていて。
今日、久しぶりに覗いてみたら更新されていて
うれしかったです。
取り急ぎ(でも心から)お祝いのコメントまで^^
| makiko | 2014/04/25 8:32 PM |
>ricaさん、
なにかたいへんなところにいるときにいろいろと書いてしまったけれど、そういう文章を読んで、心に留めていてくださる方がいたんだなと思うと不思議にあたたかい気持ちになりますね。とても嬉しかったです。ありがとうございます。

>makikoさん、
ほんとうにお久しぶりです!
お名前を見たとき、コメントでやりとりしていた頃が本当に懐かしく一瞬で思い出されました。
ブログに伺おうと思ったらなぜかつながらず…接続の問題なのかな?
お祝いのお言葉ありがとうございます。元気にやっております!
| 文 | 2014/04/30 3:07 PM |
私も懐かしい〜〜。

ブログはドメイン更新切れになってしまったの。
で、どうしようかと思いながらそのままで、
サブドメインでなら表示されています。
文ちゃん、mixiは使うことある?
連絡する時はexciteブログのメールの方がいいのかな?
| makiko | 2014/05/06 2:53 PM |
>makikoさん、
サブドメインってどうやって見るのでしょう…?
mixi、excite、
今はどちらも生きておりません><
プロフィールにある、
rawthrow●gmail.com(●は@)
がもっとも確実です〜
| 文 | 2014/05/07 10:42 PM |









http://slowaltitude.jugem.jp/trackback/47